ホーム > 透水型保水型土系舗装 トース土工法 > グラウンド舗装工程
透水性保水型(グラウンド)舗装工程

新規表層材(真砂土)を搬入し、敷き均しはブルドーザを使用し所定の厚さに敷き均しを行い、ローラーにより転圧を行う。


固化材散布

固化材を所定量、人力又は散布機にて均一に散布する。


固化材混合

トラクター(1t級)により、真砂土と固化材を入念に混合する。


混和剤散布

混和剤 を希釈した後、スプレイヤー等にて所定量となる様、均一に散布する。


混和剤混合

トラクター(1t級)により、真砂土・固化剤・混和剤を入念に混合する。


仕上工

人力及びブルドーザなどにより不陸整正を行い、ローラーにて、なるべく少ない転圧回数で仕上がるよう、転圧を行う。


仕上剤散布

仕上剤 を希釈した後、スプレイヤー等にて所定量となる様、均一に散布する。


表面処理

表面処理として、化粧砂(0.003m3/m2)を均一に散布する。